眠くなりにくい抗アレルギー薬

アレルギー症状とは、体内に入ってきた異物を排除しようとする体の免疫作用が過剰に働いてしまう事で生じる現象で、花粉や食物をはじめ、様々な物質が原因となります。
抗アレルギー薬は、こうしたアレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの炎症化学物質の生成を抑えたりする事で、アレルギーの発症を予防する効果のある薬です。抗アレルギー薬は予防薬として用いられるのが一般的で、しっかりとした効果が出るまで数週間を必要とします。すでに発症してしまったアレルギー症状をすぐに緩和してくれたり、アレルギーの原因を根本から治療する薬ではないので注意して下さい。しかし、副作用が軽く長期的な服用に向いており、量を調節すれば小児のアレルギーにも使用する事ができるのが特徴です。

抗アレルギー薬には、眠気の副作用が存在しますが、なぜ抗アレルギー薬で眠気が生じるかというと、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどを引き起こすヒスタミンの働きを抑制する成分に原因があります。ヒスタミンの働きが低下するとアレルギー症状が治まりますが、ヒスタミンは脳内では眠気を抑え、覚醒を促す働きがあるため、眠気が生じやすくなってしまいます。
抗アレルギー薬の中でも、成分が血液に乗って脳に移行しにくい種類の薬は、ヒスタミンの覚醒作用を抑制しない事から、眠気が現れることが少なくなります。近年主流であるヒスタミンH1受容体拮抗薬は、成分が中枢移行しないタイプが開発されてきているため、ほとんど眠気が生じないのが特徴です。そのため、車の運転や機械の操作に対する制限事項のない薬も発売されています。ですが、一般的に抗アレルギー剤を飲んだ時は、眠気の副作用に十分な注意を払っておく事が安全に繋がります。