抗アレルギー薬はのどの痒みに良く効く

アレルギーを治療するための薬は一つではなく、症状にあわせていくつかの薬を使い分けることが基本です。人間のアレルギー症状は人間の本質的な機能からすれば全く悪いことではありません。外敵を守るために免疫細胞が過剰に反応する病気であるため、免疫機能が活発に動いた結果であると言えます。
ただし、こうした症状が続いてしまうと身体に悪い影響を与えてしまいます。例えば、蜂に刺されてしまった後には蜂の毒に対する免疫力ができます。そのため、過去に蜂にさされた経験がある人はもう一度蜂にさされると免疫機能を最大限に発揮して毒を中和しようと一斉に動き出すのです。その影響によって、身体は大きな負担を受けて結果的に死に至ることもあります。
こうした免疫機能を身体に負担のない程度にまで抑えることができるのが抗アレルギー薬の役割です。本来はステロイドなどの抗生物質を利用してアレルギーに対応することが多いです。しかし、のどの痛みや痒みのようにアレルギー反応としても比較的軽度なものに関しては必要以上に免疫機能を抑える必要はありません。そのため、こうしたのどの痛みや痒みと言った軽度な症状を抑えるために抗アレルギー薬というものが開発されたのです。
抗アレルギー薬のメリットは、一部分だけしかアレルギーの症状が出ていない人に積極的に使えることができることです。のどの痛みや痒みに関しては典型的な例ですが、この他にも喘息に非常に効きます。アレルギー反応は個体差があることが普通で、中にはすべての症状が悪い症状であると断定することができないものも存在します。
そうしたものを排除しすぎないように、身体に負担をかけすぎない抗アレルギー薬が存在するのです。