キウイアレルギーが起きた時の症状や原因について

食物アレルギーには軽症で済むものから、命の危険にかかわるものまで様々なアレルギーが存在します。
子供に多い卵アレルギーや牛乳アレルギー、他にも小麦アレルギー、甲殻類アレルギーや蕎麦アレルギー、果物アレルギーなど原因となる物質は様々です。
実は、数ある果物アレルギーの中でも、原因となる最も多い果物というのはキウイアレルギーです。
キウイアレルギーの症状としては、口の中の痒みや喉のイガイガ感、更に唇が蕁麻疹を起こして腫れたりなどもします。
更に重い症状としては、吐き気を催したり、腹痛や下痢が起こったり、気管支ぜんそくの発作が起きたりなどする場合もあります。
危険なのはアレルギーによってアナフィラキシーショックが起きてしまう場合です。
この場合生命の危険に関わるので、早めに救急車などよ呼びましょう。
果物アレルギーには花粉症との関係があると言われています。
例えばブタクサ花粉症を持っている人の場合、ウリ科のメロン、スイカやバショウ科のバナナなどのアレルギーも同時に起こりやすくなるのです。
そういった訳でシラカバ花粉症を持っている方は、マタタビ科のキウイアレルギーを発症しやすい体質だと言えます。
このような関連があることから、果物アレルギーの原因は、まず草木が原因の花粉症になった後に、その花粉と似ている構造を持った物質を持つ果物を食べる事によって発症するという事が分かっています。
既に花粉症がある事が分かっている人は、症状がまだ無くても、アレルギーの可能性のある果物は控えた方が良いかもしれません。
ただ、すべての果物アレルギーがそうという訳では無く、花粉症の関係が無い果物アレルギーも存在します。
その場合、全身性のアレルギーを起こす可能性もあるので気を付けましょう。