抗アレルギー薬はなぜ眠くなるの?

抗アレルギー薬を服用すると眠くなるということはよく言われており、市販の抗アレルギー薬などの注意書きには「車の運転を避けるようにしましょう」などの一文が書き加えられています。
ではどうして抗アレルギー薬は眠くなるのかというと、まずこれは特に「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるような薬に見られる特徴です。
抗ヒスタミン薬とはヒスタミンという物質の働きを抑える作用があり、ヒスタミンが受容体と結合することで発生するさまざまなアレルギー症状を緩和する効果があります。
しかしこのヒスタミンにはこのアレルギーを引き起こす作用のほか、脳内の神経に反応することで脳を覚醒させる作用もあるのです。
抗ヒスタミン薬に分類される抗アレルギー薬は、ヒスタミンがもつあらゆる作用をブロックすることによって抗アレルギー作用を発生させるわけですから、この脳に対して発生する覚醒作用もブロックします。
覚醒作用がブロックされてしまうことで脳の働きが鈍り、それによって眠気が生じるというのがその仕組みなのです。
ちなみに最近だとスイッチOTCとして販売されるようになったアレグラやアレジオンなども有名な抗アレルギー薬となっていますが、こうした抗アレルギー薬は眠気の副作用が少ないという特徴があります・
アレグラは塩酸フェキソフェナジンという成分を配合することでヒスタミンが中枢神経に及ぼす覚醒作用はそのままにし、アレルギー作用だけは抑えるというような選択的な作用がありますので、これによって眠気がおきづらくなったのです。
このように抗アレルギー薬には眠くなることがあるとはいえ、絶対に眠くなるものだとは言えないようになってきました。
もし車の運転をしなくてはならないというのであれば、こうした脳の覚醒作用を阻害しないタイプの薬を選ぶようにしましょう。
↓花粉症について知りたいならココがお薦めです
よく効く花粉症の薬の最新情報
↓花粉症は自宅治療
ザイザル
↓アレルギーの薬も通販で自宅に届きます
医薬品 通販